弁護士の小峰です。本日も船橋市の弁護士として解説いたします。

(記事作成2014年5月14日 記事更新5月19日)

本日は、前回に引き続きリベンジポルノの刑事事件についての解説です。
リベンジポルノ問題については、その加害者を特定し、名誉毀損などにより刑事告訴も可能である旨説明しました。
先日、この問題について、実刑判決がなされたとの報道がありましたので紹介いたします。

 

リベンジポルノ実刑 元恋人の画像投稿 名古屋地裁


 元交際相手の女性の裸の画像をインターネットの掲示板に投稿したとして、名誉毀損の罪に問われた蛭田貴雄被告(46)に対し、名古屋地裁(山田亜湖裁判官)は13日までに、懲役10月(求刑懲役1年)の実刑判決を言い渡した。元交際相手の画像などをネット上に流出させる嫌がらせ行為は「リベンジポルノ」と呼ばれ、社会問題化している。

 山田裁判官は判決理由で「ネットへの画像掲載は回収の見込みが乏しく、被害者の精神的苦痛は大きい」と指摘。「女性が離れていき、警察からストーカー扱いされたことに怒りを募らせて犯行に及んでおり、動機は身勝手」と述べた。

 判決によると、蛭田被告は昨年8月、以前交際していた女性の顔や裸を撮影した画像を実名付きでネット掲示板に投稿。不特定多数の人が閲覧できる状態にし、女性の名誉を傷付けた。


8ヶ月とはいえ実刑判決がなされていることは注目に値すると思います。

また,つい最近,リベンジポルノで逮捕者が出ました。


【リベンジポルノで逮捕】

「裸の写真ばらまく」と脅す 愛知県警、容疑の男逮捕

交際していた女性に裸の写真をばらまくと脅したとして、愛知県警豊田署は18日、脅迫の疑いで同県岡崎市井田町、無職佐藤秀憲容疑者(20)を逮捕した。

逮捕容疑では、今月6日午後7時15分ごろ、同県豊田市の無職女性(35)に、携帯電話の無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って女性の裸の写真を送信した上で「ばらまくで」などと書いたメールを送って脅したとされる。

署によると、容疑を認めている。2人は今年1月ごろから交際。別れ話が持ち上がっていたという。女性が署に相談して発覚した。

(中日新聞)


このケースは知人男性によるものであることが明らかですので,犯人の特定については特に問題なく逮捕となりましたね。こういうケースも実際には多いと思われます。


当事務所でも取り扱っておりますので,お気軽にご相談ください。

〒272-0033
千葉県市川市市川南1-5-19スミダビル2F
市川船橋法律事務所


0120-413-127
電話受付 午前9時~午後9時
メールフォームでの受付(24時間)→ こちら


相談対応時間:平日 午前9時~午後9時
       土日祝日 個別に対応可

弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
記事が参考になった場合は,クリックをお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村