吉村労働再生弁護士法人 市川船橋法律事務所

船橋の弁護士

船橋の弁護士が時事ネタについて分かりやすく解説します。船橋市の地元ネタも書きます。ご相談もお気軽にどうぞ。船橋駅から7分の法律事務所。無料法律相談受付中。平日深夜、土日祝日も対応!

法律相談のご予約・お問い合わせ
0120-413-127
法律相談ご予約24時間受付無料

最近JINS PCを使い始めた弁護士の小峰です。

皆様も報道等で既にご存知かとは思いますが,
昨日、東京都千代田区の老舗そば屋である「かんだやぶそば」で火災があったそうです。
私はそばが食べられないので(アレルギーです)当然行ったことはなく、味はわからないのですが
歴史的な建造物がなくなってしまうのは惜しいですね。 

また、昨日は渋谷でもぼや騒ぎがあったそうで、火事のニュースが目立ちました。

冬場は空気が乾燥していますから、火災も起きやすいです。
火災を起こしてしまったら燃え移ったり
放水で水浸しになったりと近隣に大変迷惑をかけてしまいます。
そこで、火災を起こしてしまった場合の責任についてお話したいと思います。

自分の責任で他人に損害を与えてしまった場合、
基本的には民法709条の不法行為責任を負うことになります。

(民法709条)
故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害したものは、これによって生じた損害を賠償する責任を負う 

車で物損事故を起こした場合が典型例です。


ところが、火災の場合には特別な法律が用意されています。

(失火の責任に関する法律) 
民法第709条の規定は失火の場合はこれを適用せず。
ただし失火者に重大なる過失ありたる時はこの限りにあらず。

要するに、うっかり火災を起こしてしまった場合は損害賠償する責任を負いませんよということです。
しかし、例外もあって、それがただし以下に書いてある「重大な過失」がある場合です。

重大な過失がある場合とは、
わずかな注意をすれば火事が起こると気付けたのにその注意をしなかった場合です。


では、具体的にはどんな場合なのでしょうか。
責任を負うか負わないかの分かれ目なのでとても重要なところです。 

裁判例では

天ぷら油を火にかけたまま放置した
ストーブをつけたまま灯油を入れたらこぼれた灯油に引火した
ストーブのすぐそばに布団を敷いて寝ていたら布団に火がついた

などの場合に重大な過失ありとされています。
どれも日常うっかりやってしまいそうなことですね。
もちろん個々の事例にそれぞれの事情があるので一概には言えないですが、
このようなうっかりだと責任を負わなくてはならない可能性が高いといえます。


まとめますと、
火災の場合は重大な過失がない限り損害賠償の責任を負わない
しかし、重大な過失には日常結構やってしまいそうなことも含まれる

ということです。


しかし、たとえ重大な過失がないと言えるような場合でも、
火災になれば近隣に迷惑をかけるのは変わりませんし、
家具や家電、大切な思い出の品なども燃えてしまいます。
いずれにせよ、日頃から火事にならないようにしっかりと注意をしておくことが大切です。

私自身も日頃料理をしますので、しっかりと気をつけたいと思います。


小峰

昨年12月より事務所に加入しました
市川船橋法律事務所の弁護士の小峰雄介と申します。
詳しいプロフィールはこちらを見ていただければと思います。

法律的な小話や事務所がある市川のことなど
様々な情報を発信していければと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

本日は三鷹にある武蔵野警察署に接見に行ってきました。
市川では雪はほとんど降っていなかったのですが,
三鷹では歩道にも雪がうっすらと積もっており,
空き地に関しては真っ白になっていました。

雪の当日よりも翌日の方が救急で運ばれる人が多いそうなので
雪が降った地域の方は明日以降お気をつけください。

今回は挨拶のみですが、次回からは本格的に記事を書いていこうと思います。
それではこれからよろしくお願いします。


小峰

リンゴ

弁護士の吉村です。

2月に入り,少しだけ春の兆しを思わせるような暖かい日がありましたが,皆様いかがお過ごしでしょうか?

冒頭の写真は,ある親子の依頼者より事件解決後に頂いたお手紙とリンゴです。

事案の詳細は省略致しますが,当事者間の感情的対立,法律的な見通し,事実関係の複雑さなどから,非常に難しい事案ではありました。

当事務所へご依頼頂く以前に,ご依頼者にて対応をなされていたのですが,どうしても解決が出来ず,当事務所へのご依頼となりました。

裁判は長期にわたり,解決の糸口は,事実関係,法律関係,ひいては当事者の感情の中でも見つかりませんでした。

しかし,私たちは,粘り強く依頼者の気持ちを代弁し,法律上の枠組みに沿って主張・立証を行いました。

その結果,最終的には,9割方,当方の言い分を認めることを前提とした,訴訟上の和解という形で解決がなされました。

訴訟上の和解というのは,お互いが譲り合って合意により解決を行うことを意味します。

最後は,依頼者親子本人の意思で解決をなされたのです。

依頼者親子は,100%の言い分は通りませんでしたが,それでも,早期に解決し,前に進むことを選択し,自ら再生への道を歩まれたのです。

私たちは,依頼者の代弁をし,法廷で主張・立証を展開致しましたが,それは依頼者親子の再生の気持ちがあってこそのものであります。

つまり,再生の種は依頼者の中にこそあり,私たちはそれが芽吹き,再生に向かうお手伝いをしているに過ぎません。また,この再生へのお手伝いこそが,我々法律事務所の役割であると心得ております。

お手紙を頂き,事務所員一同,大変嬉しく,励みとさせて頂きました。

もちろん,リンゴも大変美味しく頂きました。

本年も,この再生というキーワードをより一層磨くべく,所員一同,努力して参りたいと思います。











このページのトップヘ